全国No.1
3年国内連続代理件数No.1。調査完了後お客様に費用を確認いただいた上で、正式に出願のお申込みを頂きます。まずはお気軽にお申し込みください。
商標登録、商標調査のご依頼はこちら。24時間受付中

中国専門の商標登録サービス。満足度が高すぎる4つの理由

理由1:貴社の権利を正確かつ強く保護。中国で通用する本当の権利取得

海外で商標登録出願を行う場合注意しなければならないのが商品・役務の選定です。

例えば、中国で「菓子」について権利を取得し、いざ中国で「飴」の販売を行った場合、

第三者から権利行使される恐れがあります。これはなぜでしょうか?

 

日本では当然のことながら「飴」は「菓子」の一種として考えられていますが、
中国では「飴」と「菓子」は別物と考えられています。

 

つまり中国で「飴」について商標権を取得するためには、

「菓子」とは別に「飴」についても指定した上で権利を取得しておかなければならないという事です。

 

このような違いは、日本と中国の食文化の違いに由来するもので、
海外で商標権を出願するためには、現地の感覚が必要になってきます。
そこで、現地の感覚を有する中国代理人によるアドバイスが非常に重要になるのであり、
貴社の権利を正確かつ強く保護することにつながっていきます。

 

理由2:業界でも最安値レベル。出願手数料35,000円を実現

みなとみらい特許事務所には中国現地に提携している代理人がいます。
この代理人の努力により、マドプロ(マドリッドプロトコル)経由で出願を

行うよりも、業界でも最安値レベルの出願手数料35,000円で出願することを実現しています。

出願国が中国のみであれば間違いのない選択となります。

 

また、中国代理人のアドバイスにより、指定商品・役務の表現の無駄な修正指示がきません。

修正指示がなされると、修正に対応するための応答費用が発生する可能性があります。

弊所では中国実務になれた代理人が作成するので、無駄な修正指示がこなくなり、
結果としてクライアント様へ無駄な追加費用の請求をしないですんでいます。

 

理由3:中国商標出願において、調査費用の25,000円が無料

現在、中国商標出願においては

事前調査の費用25,000円を無料にて提供しております。 

この理由は2つ。

 

一つ目は、弊所の2000社以上のクライアント様の多くが

中小企業や個人事業主の方であるため、費用負担を出来る限り少なくし、

出願ハードルを低くして差し上げたい、という意向です。

 

社会的にも優れた商品、良いサービスであっても商標で守れなければ御社の損失になります。
これら正当な権利を我々の力で守ってあげることも社会的役割の一つだからです。

 

二つ目は、価格競争力。
商標出願の分野は競争が激しく、どうしても他社と価格比較されてきました。

その中で、みなとみらい特許事務所は業界トップクラスとなる毎年1000件以上の商標出願を保ってきました。これを国際商標分野でも是非とも達成していきたいと考えています。
そして、品質と価格バランスでどこにも負けないための顧客重視のサービスとしていきます。

 

理由4:社長の時間を短縮。専任スタッフ1名専任担当制。

他事務所の商標登録サービスではお客様から申し込みを受けた時、
出願依頼時、状況確認の質問の際などすべて異なるスタッフで

対応されているところが多く、非常に面倒であると聞いております。

 

みなとみらい特許事務所では、

1クライアントに対し専任スタッフ1名で担当させていただく、

専任担当制を導入しております。

 

このため、同じ質問を何度も繰り返す必要があったり、意思疎通がうまくいかず二度手間となったり、

必要以上に待たされたりなど時間の無駄を防ぎます。

忙しい経営者向けにはぴったりだね!』と評価して頂きとても喜ばれています。

 

 

 

3年連続代理件数No.1。調査完了後お客様に費用を確認いただいた上で、正式に出願のお申込みを頂きます。まずはお気軽にお申し込みください。
商標登録、商標調査のご依頼はこちら。24時間受付中

シンプルで明確な料金体系、低価格な料金設定でご提供しております。

料金表
料金表

他事務所で設定されている料金体系は、調査費用、出願手数料、成功報酬など初回の支払い以外にも様々な名目で追加請求が発生しているのが現状です。みなとみらい特許事務所ではシンプルで明確な料金体系、そして中小企業を支援するためにも低価格な料金設定でご提供をしております。

 

 

市や厚生労働省の国の仕事も受任しております。

弊所では、「YOKOHAMA\OTOMATSURI(登録5723927)」、「横浜マラソン(登録5723926)」や「横浜ダンスパレード(登録5802757)」など横浜市や厚生労働省等の国の仕事を請け負った実績がございます。
その一部をご紹介いたします。

 

みなとみらい特許事務所で請け負った実績一覧(ロゴ商標)

よくある質問と回答

料金の総額はいくらでしょうか?
10年分の登録料を含めた1区分あたりの総額は、130,000円(税抜)です。
1区分追加するごとに、90,000円/区分(税抜)が加算されます。
支払のタイミングはどのようになりますでしょうか。
出願時に95,000円(税抜)登録時に35,000円(税抜)がかかります。
※1区分10年の場合
事前調査はしていただけるのでしょうか。
出願前に事前調査をします。
中国で利用可能なデータベースを用いて、先行商標の存在を検索します。
また、先行商標との関係において、登録の可能性について経験豊富な中国代理人の
日本語による見解をお示しします。(出願することで25,000円が無料)
貴社に中国商標登録の依頼を検討しています。まず何を用意すればよいでしょうか?
登録したい商標(ロゴがある場合は画像)と、当該商標を使用して提供する
商品やサービスについて具体的にこちらのフォームからご連絡ください。
実際に中国へ出願を依頼する場合、必要なものはなんですか?
1.出願人様の中国語名称 
 中国商標出願において、出願人様の中国語名称が必要となります。 
 仮に中国語の名称をお持ちでなければ、弊所にて考案させていただく事も可能です。
2.出願人の資格証明写し(登記簿謄本等で出願人の署名又は捺印のあるもの) 
3.委任状 弊所にて準備致しますので、サインしていただきます。
どれくらいで結果が分かりますか?
通常、出願から9ヶ月で、結果(許可か拒絶か)が分かります。
拒絶理由がある場合はどのようになりますか?
中国では拒絶理由がある場合、途中での反論の機会は与えられず拒絶査定が発行されます。
  
また出願で指定した商品のうち、許可できる商品がある場合にはその部分についてのみ登録、
その他の部分が拒絶となります(部分拒絶)。
  
拒絶査定に不服がある場合には上級審に対し、反論を行い再審査してもらうことができます。
当該再審査の請求には、別途10万円~13万円程度の費用がかかります。
拒絶査定になってしまった場合に出願費用の返金はありますか?
 申し訳ございません。出願費用の返金はございませんのでご了承ください。
中国で一商標多区分制が採用されたと聞きました。 貴社における料金は一商標多区分制ですか?
現状、複数の区分について出願を検討されている場合、
一商標を一区分で出願した場合と、一商標を多区分で出願した場合の料金に差を設けておりません。

なお中国の審査の運用上、多区を指定して出願するメリットがあまりないことから、
現状弊所では特にご希望がない場合には、一商標を一区分ごとに分けて出願しています。
見積もり依頼後はどのような流れになりますか?
見積書をご確認いただきました後、中国にて事前調査をご希望いただける場合には、
まず調査費用をご請求させていただきます。その結果を報告書としてメール送付いたします。
調査の結果出願される場合は、出願費用をお支払いいただき(調査費用分を充当致します。)
出願業務を開始いたします。

出願後、方式審査が終わると正式に出願が受領されます(約3ヶ月後)。
続いて類似商標についての審査等が行われ、出願から約9ヶ月後中国特許庁より登録可否の連絡がきます。

無事に登録可の査定が来た場合には、登録手数料をお支払いただきました後、
登録が完了となります。登録が完了しましたら登録証が発行されます。
中国での商標権の存続期間は何年ですか?
日本と同様、商標登録日から10年です。
中国商標登録は更新できますか。
商標登録は、10年ごとに更新することができます。
現在、日本で販売するための商品を中国の工場で製造しています(OEM商品)。
中国国内で商標を付しているのですが、中国で商標登録をしていないリスクはどのようなものがありますか?
日本で販売するための商品を中国で製造し、そのすべてを日本に輸出している場合、
例えその商標について中国に商標権者がいたとしても、現状商標権侵害に該当しないと判断されています。

ただし、中国の商標権と抵触する商標が商品に付されている場合、
輸出の際に中国の税関で差止めの対象となることがあります。
  
侵害ではないことを証明したとしても納期に間に合わない等不利益を被る可能性があります。
また、上記の判断はすべての商品を輸出した場合に限られますので、
将来的に中国市場での販売の可能性があるということであれば、
日本での商標登録と同時に権利化を検討しておくことをお勧め致します。
台湾や香港での商標登録はどのような手続きが必要でしょうか?
台湾や香港は、中国とは別の商標制度を有しております。そのため台湾や香港でも
商標登録を受けたい場合は、それぞれの国で登録を受ける必要があります。
費用につきましては、メールフォームまたはお電話にてご相談ください。
個人事業主ですが、対応はしてもらえますか?
 はい、全国対応しておりますので問題ございません。
メールや電話にて十分な打ち合わせが可能です。

みなとみらい特許事務所 
  電話:0800-800-2480(通話料無料) 
お問合せ:専用お問い合わせフォームはこちら
担当者が毎回違うと話が伝わりづらいのですが、御事務所はどうなっていますか?
弊所では、全ての案件で1クライアント様に1人の弁理士を付ける
『専任担当制』を導入し、お客様に余計な時間を取らせないよう配慮しております。
ご安心ください。
3年連続代理件数No.1。調査完了後お客様に費用を確認いただいた上で、正式に出願のお申込みを頂きます。まずはお気軽にお申し込みください。
商標登録、商標調査のご依頼はこちら。24時間受付中